今日中にお金借りるならどこがいい?

急にお金が必要になった場合には、どうやってお金を借りたらいいのでしょうか?今日お金を借りたいと思ったときに親族や友人などからお金を借りれるというのであればいいですが、借りるあてが無い人は金融機関から借り入れをしなければなりません。しかし、金融機関からの借り入れには必ず審査が必要になってきます。

 

審査はその人にお金を貸しても大丈夫か、勤務先や年収、過去の融資の履歴などが登録された信用情報などをもとにして一定の項目をもとに査定されます。金融機関からの借り入れではこの審査に時間がかかることが多く、そのため申込をしてから実際に融資を受けられるまで数日かかる場合がほとんどになります。

 

お金を貸す側としても貸して返ってこないような人にはかしたくありません。ですから、年収などを見て返済できるだけの状況なのか、過去の返済実績をみてまじめに返してくれるひとなのか、といったことをじっくりと判断する訳です。この審査は、同じ資金使途自由なカードローンでも銀行の場合は比較的厳しく、消費者金融などの場合は比較的審査に通る可能性は高いと言われてます。

 

金融機関の中には、即日融資に対応しているところがあり、そうしたところで申込をすれば、時間がよくて審査にうまく通ればその日のうちに融資を受けることができます。もちろん、そうしたところでも審査に時間がかかり融資まで数日かかったりということもありますのでその点は注意が必要です。逆に言うと、即日融資に対応しているところでなければその日の内にお金を借りることはできないと考えて借入先を選びましょう。

 

プロミス
最短1時間 三井住友銀行グループのSMBCコンシューマーファイナンスという大きな安心があるプロミスです。三井住友銀行口座かジャパンネット銀行口座を使うとより便利になります。大手だからこその充実した一つ一つのサービスは30日間無利息が「はじめての借り入れ翌日からの適用」となっていることでもよくわかります。手数料無料の借入返済方法が多くあるため、余分にお金を掛けずに利用ができます。

30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

実質年率 限度額 評価
4.5%〜17.8% 500万円

モビット
モビット カードレスのキャッシングが人気のモビットも三井住友銀行グループです。WEB完結を使って電話連絡なし、郵送物なしで契約をすることができます。ネットとメールだけで申し込みから借り入れまでを行うこともできるため、消費者金融に申し込みをするという大きな難関も気軽に超えることができるでしょう。
実質年率 限度額 評価
4.8%〜18.0% 500万円

アコム

三菱UFJフィナンシャルグループのアコムは楽天銀行があるとより便利になります。無利息期間は最大30日となっていますが、契約翌日からの適用となっているため無駄のないように気をつけなくてはなりません。珍しい35日ごとの返済があり、早めに返済することもゆっくり返済することもその時の都合と状況に応じて行うことができます。

実質年率 限度額 評価
4.7%〜18.0% 500万円

 

消費者金融選びは必ず大手消費者金融から

そもそもの不安の原因、それは消費者金融がどんなとこなのだろうということではないでしょうか?消費者金融と聞いて思い浮かぶものは何ですか?怖い、危険、高金利、過払い金請求、債務整理、いずれもマイナスのものだけではないでしょうか。不安の原因はここにもありそうです。

 

消費者金融にはいくつかの種類があります。銀行系消費者金融、単独消費者金融という分類もあります。そして大手消費者金融や中小消費者金融、地方消費者金融という分類もあります。また正規の消費者金融と違法闇金業者もあります。

 

正規の大手消費者金融から選ぶこと、これが消費者金融を選ぶときのポイントです。その理由はこれからしっかりとご説明していきますが、消費者金融を選ぶための最低限の上限であると考えましょう。その消費者金融がどのようなところなのかを知らなくてはなりません。

 

中小消費者金融、地方消費者金融であればその情報の多くを仕入れることができません。当然公式ホームページはあるでしょう。しかし、その利用者が少ないために実際の利用者の声を聞くことができないのは大きな不安要素です。

 

どれだけの利用者がいるのか、それによって安心が変わります。利用者が多い消費者金融は利息を若干ではありますが低く設定することができます。例えば中小消費者金融や地方消費者金融の上限金利は20.0%となりますが大手消費者金融なら上限金利は18.0%です。借り入れ金額や借入期間によってはこの2%が大きな違いになることもあります。

 

また大手消費者金融を選ぶことは闇金業者を選ばないことにもつながります。闇金融業者がどれほどにあるのか把握されてはいません。正規の消費者金融であれば認可を受けて登録番号が交付されていますのでその数は正確に把握することができます。

 

平成25年現在で2,100社ほどの消費者金融があります。闇金業者は認可もなければ登録番号もありませんのでその数を把握することができません。しかし非常に多くの闇金融業者があることは間違いようのない事実でしょう。

 

そこが闇金融業者なのかそれとも正規の消費者金融であるのか。知名度の低い消費者金融ならば判断することは難しいでしょう。例えばエイワ、しんわ、ニッシンなどと聞いてそれが正規の消費者金融であるかどうか見分けることができるでしょうか。これら3業者はいずれも正規の消費者金融です。専業中堅消費者金融と分類されています。

 

しかし今、これらの消費者金融の名前を聞いて闇金融業者か正規の消費者金融か判断できなかったとすればそれは利用するべきではありません。実際にではなく、あなたにとって確実性がないからです。

 

プロミスやモビットなど大手消費者金融を選ぶ理由はそこにあります。誰しもがその消費者金融は正規のものであると知っていること、それが消費者金融選びの第一歩だと考えてください。